PRINCIPAL GREETING
PHILOSOPHY

校長挨拶・理念

MESSAGE

学校長より

『昔話にみる日本人の心根』

森 章 校長

節分は2月3日・全国各地で地域ごとの節分祭が行われます。お正月に神棚や仏壇に飾った飾り物を中心に、松や竹そして稲ワラを田圃に積み上げお焚き上げをする『どんど焼き』その炎で焼いたお餅を食べれば、この一年は無病息災に暮らせるとの行事も各地に残っています。
なかでも一般的なのは『節分の豆まき』でしょうか。多くの家では、出入り口に“イワシの頭・柊の枝”を飾り、家族そろって「福は内・福は内、鬼は外・鬼は外」と掛け声を揃えた『豆まき』が行われるのです。豆まきが終われば無病息災を願いながら“歳の数だけ豆を食べる”風習も残っています。ところで『豆まき』と『鬼』の関係は判りますか?日本人は病気や自然災害、さらには人間の悩み苦しみ、そして厳しい冬や人に嫌われる者も全てをまとめて『鬼』と呼んだのです。
でも日本の昔話を読んでみると、『人間と鬼』の愛らしい・生真面目な関係が判るのです。あの強そうな『鬼』がどうして『小さな豆』が嫌いになったのか判りますか?とある村に住む老夫婦の家には綺麗な孫娘がいました。その娘に好意を持った鬼が娘を奪いに来ましたが、老夫婦も娘も鬼の所には行きたくはない。そこで考えたのが“火で炒った豆を渡す”こと。一度火で炒った豆は芽を出さないことを老夫婦は知っていたのです。娘を奪いに来た鬼に『豆』を渡して、沢山実を収穫すれば娘を差し出すと約束をしたのです。鬼は山に帰り懸命に『豆』を育てて収穫を待ちますが、残念ながら収穫どころか芽さえ出なかったのです。鬼はとうとう約束を果たせなくなり娘を諦めたのです。この時から鬼は豆が大嫌いになり、『節分=鬼退治=豆まき』と繋がって節分の原点となったのです。これがさらに発展すると夏に雷が多い北関東では、鬼=雷様となり激しい雷雨の時には[節分の豆を食べ・お線香をあげると雷は落ちない]となります。また鬼がつく苗字の家や『お不動様』を信仰する成田山新勝寺では[鬼=お不動様]との考えで、節分の掛け声は「福は内・福は内」だけのようです。
話を戻します。外国の話ならば鬼は外敵か悪魔か魔物です。すると狙った娘は強奪して老夫婦の命さえ奪う場面が想像できるのです。
ところが日本の昔話はどうでしょう。
敵対するはずの鬼と、条件を付けて互いに納得するかたちで話し合いをするのです。約束をして果たせなければ、潔く諦め再び娘を奪いにはこない真面目で律儀な鬼の姿、強い鬼も裸の生活だから柊のトゲトゲも嫌い・魚の匂いも苦手との愛嬌も描かれているのです。考えれば植物の性質・そのほかの生きる知恵も老人は知っているということを教えているのです。

 おなじように鬼が登場する『桃太郎』『一寸法師』でも鬼は、強く慾張りで人々から財産や食べ物を奪う悪者として扱われています。そこに主役の『桃太郎』や『一寸法師』が鬼退治に出掛けて、赤鬼青鬼を退治する場面がありますが、不思議に命までは奪いません。悪さを認めて反省させお仕置きをして懲らしめると、お土産を貰って帰ってくる話で終わるのです。
 いかがでしょうか?敵を圧倒的に制圧しても命を奪うことをせず・懲らしめて話し合いで相手に反省を促す心優しい日本人の姿が描かれていると思いませんか?さらに多くの場合は、主役となる若者を育て上げているのはお爺さん・お婆さんなのです。多くの経験を積んだ人から英知を教えてもらうことの大切さ・子や孫に経験を教え込む使命があることを教えてくれているのが日本の昔話だと思います。
高校生・未来の主人公たちは、大きく羽ばたくためには、先生や先輩はもちろんですが、親や祖父母の英知・経験の多くを素直な心根で聴きとることが大切なのです。
(令和2年3月)

ひと言~From the Principal~
この記事を見る
2020/11/21
学校ブログ
生徒会:新会長のことば
生徒会新会長 斎藤 私は紅陵高校を「楽しい学校生活を送れるような学校」にしたいので、 目安箱を設置し、できるだけ多くの意見を取り入れていきたいと思います。 ...
この記事を見る
2020/11/17
学校ブログ
部活動
ゴルフ部:関東高等学校ゴルフ選手冬季大会出場決定
令和2年度関東高等学校ゴルフ選手権冬季大会東関東予選・千葉県女子予選が11月9日にゴルフ倶楽部成田でハイツリーで行われ、以下の結果になりました。 女子: 星野 ...
この記事を見る
2020/11/16
学校ブログ
部活動
ゴルフ部:全国特別大会出場決定
関東高等学校ゴルフ選手権特別大会が10月31日に栃木県那須野ヶ原CC(男子)琵琶池GC(女子)で行われ、男女とも全国特別大会(12月三重県白山ビレッジGC)に出 ...
この記事を見る
2020/11/16
学校ブログ
部活動
空手部:千葉県新人大会 男子総合優勝
令和2年度千葉県高等学校空手道新人大会が11月7日、8日に千葉県武道館にて開催されました。結果は以下です。 大会結果 1月23日,24日の茨城県武道館での関 ...
この記事を見る
2020/11/14
学校ブログ
部活動
地区アンサンブルコンテスト
第46回安房・上総地区アンサンブルコンテストが 君津市民君津市民文化ホールにて行われました。 本校からは9チーム出場し、打楽器6重奏・サクソフォーン4重奏C ...
MORE

HISTORY
OVERVIEW

沿革・概要

概要

校 名

拓殖大学紅陵高等学校

理事長

鎌田 淳一

校 長

森 章

所在地

〒292-8568 千葉県木更津市桜井1403
TEL 0438-37-2511 FAX 0438-36-7286

生徒数

1249名(男子828名/女子421名) ※令和2年4月1日現在

教育理念

「人生開拓」の教育理念のもと、益々多様化する社会と国際情勢の中で自らの人生は自らの手で拓き、どんな逆境にも耐えうる強い精神を持って、21世紀に活躍する若者達に希望と目的をもたせ、「文武両道」を、目指し大学進学,クラブ活動の振興充実を主たる教育目標としてかかげている。

校 訓
  1. 国を愛し、郷土を愛し、親を敬う。
  2. 信義、友愛、礼節を守る。
  3. 学問を尊び、心身を鍛える。
教育目標

◇知・体・徳の調和と統一の取れた人間形成を目指す。
◇自分の持つ力を掘り起土し自らの人生を切り開いていく。
◇人生開拓の精神の育成を目標とする。

校章の由来

もみじの葉に校名の紅陵高を組み合わせた。紅陵とは紅葉の丘の事を言い、すなわち紅葉に映える学園を意味する。

沿革

昭和53年

木更津紅陵高等学校(男子校〉として開校

昭和55年

拓殖大学紅陵高等学校に改称

昭和56年

共学校となる

平成14年

11階建て新校舎完成

AFFILIATED
SCHOOL

系列大学について

拓殖大学への優先入学について

本校では、系列校として、拓殖大学・拓殖大学、北海道短期大学への優先入学制度を実施しています。

国際大学のパイオニア=拓殖大学

本校の系列校である拓殖大学は、1900年の創立以来、国際大学のパイオニアとして国際交流を推進してきました。
商学部・政経学部・外国語学部・国際学部・工学部を擁し、国内大学最大数の留学生が在籍、多彩な留学制度と14カ国語もの多彩な語学教育が行われており、世界で活躍する国際人を育てています。